がんワクチン療法|夜間診療しているクリニックがあれば安心!【健康第一主義】

樹状細胞ワクチンでがんと闘う【異なるアプローチ】

がんワクチン療法

女医

ワクチン治療

がん治療では、免疫力の効果を狙ったワクチン療法も用いられています。ペプチドワクチンと、樹状細胞ワクチンが主流となっていますが両者は治療のアプローチが違ってきます。ペプチドワクチンは、患者の免疫機能が落ちている場合は、効果が薄くなってしまうと考えられています。

樹状細胞ワクチン

樹状細胞ワクチンは、患者自身の血液中の細胞から培養してつくるものです。ワクチンを注射するとがん細胞への反応は高く、確実性のある効果が期待できる注目の治療法となります。手術が難しいがんに対しても効果があるといわれています。

がん治療で評判のクリニックを選ぶ基準

no.1

治療効果が期待できる

治療成績が良いクリニックが選ばれるのは当然です。実績があれば、人気ランキングサイトにも紹介されます。ただ、ランキング上位にあるようなクリニックは全国から患者が集まるため、予約が困難なことがネックになるかもしれません。

no.2

無理なく通える

金銭的な問題や、身体への負担がかからないことを最優先にするならば、自宅から無理なく通えるクリニックが良いと考える患者が多いです。自宅から通院できれば、家族と暮らす日常を大切にすることができます。

no.3

最新の治療を試せる

民間療法をはじめ、いろいろな治療法を試しても効果がない場合は、新しい最先端の治療法にトライしたいと思うはずです。信頼できる医師であれば、二人三脚で新しい治療に取り組むことができるでしょう。

広告募集中