初期段階で気づこう|夜間診療しているクリニックがあれば安心!【健康第一主義】

足の異常を早く察知したらすぐに下肢静脈瘤の治療を開始しよう

初期段階で気づこう

足

女性は注意

下肢静脈瘤は、足の血管の弁が壊れる病気です。自然治癒はなく、症状は悪化していくことが多いです。女性は下肢静脈瘤になりやすく、また加齢や遺伝、肥満体質の方も病気を発症しやすいといわれています。

症状は

静脈が目立つようになったり、血管がこぶ状になったりするという特徴が見られます。また、だるさや、むくみ、不快感があります。重症化すると、完治しにくくなりますので足に違和感を感じたら、すぐに専門医に診てもらうようにしましょう。

治療法

下肢静脈瘤の治療としては、昔からストリッピング手術が定番です。ほかには、注射による硬化療法も選ばれています。また、最近では高周波、レーザーなどの治療も一般的になっています。いずれも健康保険が適用されるため、高額な治療になる心配は不要だといえるでしょう。

広告募集中